RANDOM NOTES
ush
ush
ush

master of universe

ヴァリアブルローラーフォイルでエリアX帯行くまでに考えたこと

序章 カーボンローラーを使って B 帯で戦っていた僕はブチギレていた。 「キル取っても取れなくても勝てねえ!」 一度はカーボンローラーで S に入ったこともあるが、その後一気に転落し、B 帯で燻っていた。 B 帯でも安定して勝てず、次第にこの武器のエリア適正を疑い始めた。 「キル取っても勝てないし、この武器エリアに向いてないじゃ…」 「エリアに向いてる武器ってなんだ?塗れる武器?」 「試しにヴァリアブルローラーとか使って、ひたすらエリアを塗り続けてみるか」 この考えは非常に浅はかであるが、徹底してエリア塗り続ける行動は B 帯ではかなり刺さった。 「一気に A 帯まで来た…。逃げ回ってエリア…

卒業研究の成果を自分のブログに組み込んでみた

一年位前にハマってた曲を聞くと、そのハマってた頃の記憶とか感情を思い出すのってありますよね。 僕の場合、曲には特に感情がよく染み付くみたいで、染み込みが強いと匂いを思い出すこともあります。 曲を聞くと一瞬だけあの頃の悩んでた辛さとか緊張とか興奮が記憶とともにフワッと意識を掠めて、この時ほど過去を強く思い出すことはないです。 こんにちは。最近大学を卒業したの人です。 今回は GW で自分の卒業研究で行った内容を自分のブログに応用してみたので、その紹介をしようと思います。 実装したもの 今回実装したのはこのブログの検索機能です。 卒業研究では情報検索の研究をしていました。 ブログのサイドメニュー…

半ドットはなぜ邪悪なのか

ドットタウンというサイトをご存知だろうか。 ドットタウンサイトの説明を引用する DOTOWNは粗ドットをダウンロードできるサイトです。 粗ドットとは、可能な限り低い解像度を用い究極に抽象的な表現をしたドット絵を指します。 抽象化をしているにも関わらず情報が詰まっており、ゲームグラフィックにおける「逆進化(=究極の抽象化)」を遂げている粗ドットは、ちょっとヌケた雰囲気で「前田デザインっぽさ」を象徴してきたものであり、現在でも前田デザイン室のWEBサイトや入会ページ(Campfire コミュニティ)など至る所に粗ドットが登場します。 そう、「粗ドット」を売りにするドット絵素材配布サイトである。 …

Pythonで触るConfluence API

今回Confluence APIを触ることがあったけど、日本語のドキュメントがなかったのと、 トークンの取得->API叩くまでのフローが体型的にまとまってない & 公式ドキュメントがわかりづらかったので、今回自己流にまとめる。 またドキュメントに載っていない情報もあるので、それもまとめる ただ、自分はConfluence自体を触ることがほとんどないので、あんまりニーズとマッチしないかも 基本的なoauthフローやoauthで取得したトークンを利用したAPIリクエストの方法については説明しません。 具体的には、以下の内容を扱います。 トークンの取得 Oauthでトークンの取得 期限切れに際して…

その辺に生えてるよくわからん草を、お茶にして味わってみた。

やってみよう研究所 筑波支部 の第一弾プロジェクト。 その辺に生えてるよくわからん草を、お茶にして味わってみた。 草を集める とりあえず、近くを歩き回ってみる。 大学近くには思ったより色々な植物が生えていた。 犬のふんとかおしっことかかかってても嫌だから、ちょっと高めの草とか奥めの草を意識して採集する。 「お茶にするぞ」という目線でまわりの草を見てみると、なんとなく美味しそうとか不味そうとか感じてくるようになる。 そしてよもぎが結構自生しており、よもぎはお茶っ葉として使われるみたいな話を聞いたことがあるためちょっと多めに集めてみた。 草を集めてる時は通りかかる人の視線が気になった。 なんとか…

信号守ったら車に轢かれそうになった話

あと半年くらい秋でいてくれ 最近ようやく涼しくなって、最高の季節になりました。 最近自転車も若干きれいにして走りやすくなったので、買い物ついでにちょっと街を探検することに。 街を探検するときは基本的に目的地を設定しないと走り出せないので、 今回はちょっと遠目のパン屋でなんか買ってこようかなとひたすら南に走り出しました。 目的地周辺についたはいいものの、肝心のパン屋のお店が見つからず、 日も落ちつつあったため帰路に。 信号は基本的に守る 周りに車が見えなくても信号は守る人っていますよね。 一人で行動するとき僕もそのタイプです。 ですが、今日ちょっと面白いことがあったので書いておきます。 帰り道…

initial-article

initialize article Gatsby との出会い ブログを作ろうと思いたち、いい感じのフレームワークを探してみた。 rails とかで作ろかと考えたが、セキュリティ面でどうしても不安がある。(臆病) そういえば、サークルで Hugo を使ったことがあった。 Hugo は SSG、静的なサイトを生成してくれるエンジンなのだが、これがなかなかクールな機能をもっている。 そこで静的サイトジェネレーターを探す。 そうすると、なにやら 「Hugo より有名だよ!」 みたいなノリで紹介されている Gatsby を見つけた。 紹介している記事を読んでみると、悪くなさそう。 僕は一度使ったこと…